秋葉原での中古ゲーム買取事情の詳細

現在ではゲームはソシャゲと称されるオンラインゲームが主流ですが、かつては専用の本体とソフトを購入してプレイするテレビゲームが普及していました。中古品のゲームはコレクションアイテムとしての人気もあることから現在でも高額で売買されることがあります。

電子機器の販売拠点として知られている秋葉原でのゲーム売買に関する詳細を学びましょう。

日本におけるゲーム機普及の歴史

日本での電子ゲームはゲームセンターなどの施設に置かれる大型の機器が最も古い物でした。その後、家庭でもゲームを楽しむ目的でパソコン用のゲームが開発されましたが、当時のパソコンのスペックの都合上、完全に再現することは難しく、製品によっては全く別物にしあがることもありました。

また、当時のパソコンソフトはカセットテープにデータを記録するのが普通だったことから、現在では殆ど残っていません。そのため、現存するカセットテープ式のゲームソフトは非常に高額な希少価値が付いています。パソコンゲームは日本における家庭用電子ゲームの普及の先駆けでしたが、パソコン本体が高額であったことに加え、ゲームも操作方法が複雑だったことから普及率は決して高くありませんでした。

誰でも手軽に電子ゲームを楽しむためにはテレビに専用の機械を接続してプレイするテレビゲームの開発を待つ必要がありました。テレビゲームは家庭用のテレビに機械を接続して動かすのでモニターを別に用意する必要が無く、機械もゲームプレイに特化した機能だけで済むのでパソコンよりも安価で購入出来るメリットがあります。

そのため、テレビゲームが開発されたことで日本での電子ゲーム普及率は大きく向上することになりました。

中古ゲーム売買の変化

テレビゲームは専用の機械にゲームソフトを取り付けてプレイします。取り扱いが容易なことから小さい子供でも故障を心配せずに遊べるのが大きなメリットです。また、ゲームソフトを持ち寄ってお互いに遊び合うことも出来ることから、次第にゲームソフトの中古品の売買が普及するようになりました。

特にテレビゲーム用のソフトは専用のケースに封入された形状になっていることから扱いが容易で、個装箱が無い剥き出しの状態でも売買することが出来ました。その一方で個装箱や説明書の扱いが粗雑になってしまう問題もあり、現在では個装箱や説明書が完備している中古ゲームソフトは少数に留まっています。

そのため、同じゲームソフトでも状態が良く、付属品が完備している物は中古品であっても高額の査定額が付くことがあります。

中古ゲームの売買は少ない予算でゲームをプレイしたい人には便利なシステムでしたが、ゲーム会社からは利益が目減りする原因になると問題視されたことがありました。特定のゲームソフトの中古販売が差し止められたこともありましたが、現在ではソシャゲの普及によってテレビゲームの普及率が低下したことに伴い、中古ゲームの売買も実質的には規制の無い状態で行われています。

秋葉原でゲーム売買が普及した理由

秋葉原は東京都にある地域の名称で、古くからラジオや無線機など電子機器の部品販売業者が数多く営業していることで知られていました。日本で家庭用パソコンが普及した時期には安価で購入出来る自作パソコン用の部品を扱っていたことから電子機器の街として全国的に知名度が向上し、ゲームの聖地と称されることもありました。

同じ電子機器であるゲーム機器の売買も頻繁に行われるようになりましたが、秋葉原ではパソコン用のゲームも幅広く扱われていたので、同名のゲームソフトでもテレビゲーム用とパソコンゲーム用の違いを容易に比較出来るのが中古売買が普及した理由の一つです。

中古ゲーム売買が行われるようになった当初はゲームソフトのレンタルも併せて行われましたが、著作権絡みの問題や盗難トラブルなどを理由に現在ではほぼ行われていません。現在の秋葉原はアニメやフィギュアなど俗に萌えと称されるジャンルのビジネスが台頭しているので従来の電子機器の街のイメージが薄れています。

中古ゲーム売買も通信網の発達に伴い、地域に関係無く利用が出来る通信販売のシステムに移行する業者が増えています。

中古ゲームの買取価格が決まる要因と現在の販売事情

中古ゲームの買取価格は希少性や海外での人気が主な要因です。希少性については古いゲームソフトほど現存数が少ないことが挙げられます。特にテレビゲームは子供のおもちゃとして扱われることが多いことから、ブームが過ぎて飽きられた製品がごみとして廃棄されるケースが多数を占めていました。

また、個装箱や説明書などの付属品をゲームソフトを購入した後に捨ててしまうこともあったため、付属品が完備している中古ゲームソフトは製品によっては新品のゲーム機以上の高額で買い取ってもらえることもあります。

日本で開発されたテレビゲームは海外での人気が高く、市場でも高値で扱われています。輸入規制などの問題があった過去には違法のコピー製品が出回っていたこともありましたが、個人での輸入販売が手軽にできるようになった現在では日本の販売業者から中古ゲームソフトを購入して、自国で販売する外国人が増加しました。

そのため、現在では中古ゲームソフト店の多くが海外向けの販売事業を展開しています。

秋葉原で不要なゲームを高く売るコツ

秋葉原は現在でも日本を代表する電子機器の街ですが、中古ゲームの売買については国際的な市場が深く関わっていることから他の業者では扱っていない機種も査定の対象になることがあります。特に海外製のゲームは日本の家電製品の規格に合わないことを理由に多くの業者は扱っていませんが、秋葉原では海外への販売事業を展開している業者が多いことから普通に買取対象として扱ってくれるのが大きな魅力です。

また、付属品が完備している中古ゲームの希少性を正しく把握している業者が多いのも秋葉原で買取査定を依頼するメリットの一つなので、不要なゲーム機器を高額で現金化したい際に便利です。秋葉原のゲーム販売業者はインターネット上で業務内容や買取サービスの詳細を公開しているので、複数の業者を比較して最適な一件を選ぶことが可能になっています。

特にゲーム機器を宅配便で送って査定してもらうサービスは遠隔地に居住している人でも秋葉原の業者を利用出来る制度なので、上手に活用することで大きな利益に繋がります。

Top